現役を引退したレスリング・吉田沙保里さんに愛知県3人目の県民栄誉賞です。

 吉田沙保里さん(36)は愛知県大府市の旧・中京女子大学出身で、オリンピック3連覇を含む16大会連続世界一や206連勝を達成し、今年1月に引退を表明しました。

 愛知県は「スポーツの枠にとどまらず多くの県民・国民に明るい夢と希望を抱かせてくれた」として、吉田さんに県民栄誉賞を贈ることを決めました。

 愛知県の県民栄誉賞は浅田真央さん、亡くなった星野仙一さんに続き3人目です。記念品は吉田さんが希望したノリタケ製のプレートのセットで、16の金メダルや連勝を表す206個の星がデザインされている特注品です。

 吉田さんは出身地の三重県からも今年4月、「県民栄誉特別功労賞」を贈られています。
(最終更新:2019/07/29 17:56)