名古屋駅直結の高層ビル「JRセントラルタワーズ」。そのレストラン街の一部がリニューアルされ、30日内覧会が開かれました。

 本格的なドイツ料理に、東京で人気のサラダ専門店も…。来年の開業20周年に向け改装が進む名古屋駅JRセントラルタワーズのレストラン街。

 8月、7つの店が新たにオープンしますが、30日内覧会が開かれました。

 東海地方初出店で、1日オープンする「シュマッツ・ビア・ダイニング」。ソーセージなどドイツの伝統的な料理から、今のドイツ人に人気の「ジャーマンフード」まで楽しめます。

 最大の特長は店の半分を占めるテラス席。

創業者クリスさん:
「このテラスは眺めが美しい。ドイツのビアガーデンやビアテラスを再現したかった。屋外のテラスがあるのは名古屋が初めて」

 そして、こちらも東海地方初出店の「CHOPPED SALAD DAYS」東京で人気のサラダ専門店です。

 ひと口大に刻んだ野菜をスプーンで食べるチョップドサラダ。11種類のメニューから一つを選ぶと、目の前で作る工程を見ることができます。

 他にも「出汁」にこだわったお茶漬けと肉うどんの専門店や、大人気・タピオカドリンクも楽しめる紅茶店などが続々登場します。

JRセントラルビルの担当者:
「男性も女性も含めて、色んな世代の方にいろんな料理をお楽しみいただけるように」