「令和」への改元でシステムトラブル。名古屋市で7日、一時、保険証などが発行できなくなりました。

 名古屋市によりますと、7日午前9時ごろから、市内の区役所などで保険証や医療証に記される発行年月日や、生年月日が正しく表示されないエラーが相次ぎ、一時発行できなくなりました。

 住基ネットの情報を西暦から和暦に変換するプログラムに誤りがあり、去年12月末までを「平成」、今月1日からを「令和」としていたため、今年1月から4月末までの日付が表示できなかったということです。

 システムは7日午後1時に復旧しましたが、このトラブルで保険証と医療証少なくとも180枚が交付できませんでした。

 窓口で交付できなかった保険証などについて市は、発行でき次第、郵送するとしています。
(最終更新:2019/05/07 18:55)