岐阜市のマンションから中学3年の男子生徒が転落死した問題。担任の教師は男子生徒へのいじめを認識していました。

 岐阜市の中学3年の男子生徒(14)は3日、マンションの駐車場で倒れているのが見つかり、その後死亡しました。飛び降り自殺を図ったとみられます。

 市の教育委員会は5日午後会見し、今年5月末に女子生徒が担任教師に「男子生徒が2人の同級生にモノを隠されたり見下すような言動をされていた」などと指摘するメモを渡していたことを明らかにしました。

教育委員会の担当者:
「(担任は女子生徒に)『任せてください。完璧にいじめです。指導します』と(伝えた)」

 担任教師はその時点で「いじめ」を認識し、男子生徒らから聞き取りをしましたが「子どもたちの悪ふざけ」と判断し、女子生徒から提供されたメモをシュレッダーにかけて廃棄していました。

 また、男子生徒が亡くなった後の調査で、男子生徒が複数の生徒からトイレで土下座をさせられたり、つばをかけられるなどのいじめを受けていたことも明らかになりました。

 教育委員会は男子生徒へのいじめがあったと判断し詳しい調査を進める方針です。
(最終更新:2019/07/05 18:58)