3連休最終日の12日、東海地方では水の事故が相次ぎ、愛知県田原市の海水浴場では小学生の兄弟が溺れ9歳の兄が死亡しました。

 12日午前9時半ごろ、愛知県田原市の白谷海水浴場で「男の子が溺れて苦しそうだ」などと119番通報がありました。

 溺れたのは尾張旭市に住む小学3年の春園左京くん(9)と小学1年の弟(6)で、2人は病院に運ばれましたが兄の左京くん(9)が死亡。弟(6)は意識があり命に別条はないということです。

 一方、愛知県蒲郡市の天神川河口では川遊びをしていたベトナム国籍の5歳くらいの男の子が溺れ意識不明の重体です。

 また、岐阜市の長良川では12日午後5時すぎ、川で泳いでいたパキスタン国籍の男性(20代)が流され、現在も行方がわかっておらず、警察と消防は13日朝から捜索活動を再開するとしています。
(最終更新:2019/08/13 13:15)