三重県の鈴木英敬知事。以前、育休を取得したということでも有名ですが、23日、三重県として男性職員の「育休取得100%」を目指すことを宣言しました。こうした宣言は全国の自治体で初だということです。

鈴木三重県知事:
「『男性育休100%宣言』の趣旨に賛同し、宣言を行いました」

 23日、鈴木知事はこのように話し、三重県の男性職員の育児休暇・休業の取得率100%を目指すと宣言しました。

 鈴木知事自身も子供が生まれた後、育休を取得するなど、三重県の男性職員の育児休暇・休業の取得率はすでに全国1位ですが、さらなる取得率向上のため、高い目標を設定し宣言したということです。

 県によりますと、県内の企業における男性の育児休業の取得率は4.4%にとどまっていて、県は今後企業に対しても働きかけをしていく方針です。
(最終更新:2020/01/23 18:47)