中国の武漢市から愛知県を訪れた40代の男性が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

 厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは中国の湖北省武漢市から愛知県を訪れた40代の男性です。

 男性は1月22日から旅行で来日していて、23日に発熱し、24日には関節の痛みも出たため愛知県内の医療機関を受診したところ肺炎とわかり、26日になって、新型コロナウイルスの感染が確認されました。

 男性は日本で家族とともにバスツアーで愛知県を含めた複数の府や県を移動しましたが、マスクをしていて他の参加者の発症はありません。男性の容体も安定しているということです。

 新型コロナウイルスによる肺炎患者が確認されたのは、国内で4人目です。
(最終更新:2020/01/27 07:38)