愛知県は新型コロナウイルスへの感染を確認する検査が30日から県内でも可能になったことを明らかにしました。検査結果までの時間が大幅に短縮される見通しです。

 愛知県は30日、新型コロナウイルスの感染症対策本部会議の初会合を開き、県の衛生研究所に最新の検査体制が整い、30日から検査が行えるようになったことを報告しました。

 これまでは東京の国立感染症研究所に検体を持ち込んだ上で検査する必要があり、結果が出るまでに2日程度かかっていましたが、今後は大幅に短縮できる見通しです。

 県はうがいやマスクの着用など通常の感染症対策をとり過剰に心配しないよう呼びかけています。
(最終更新:2020/01/30 11:59)