60代男性の新型コロナウイルス感染が14日確認された名古屋市では、15日朝から電話相談窓口への問い合わせが相次いでいます。

 14日、名古屋在住の60代男性が新型コロナウイルスに感染していたことがわかり、中区の保健センターの電話相談窓口には、朝から市民の問い合わせが相次いでいます。

 感染した男性は2月3日に旅行先のハワイで発症し、7日に帰国していて、相談窓口には「同じ日にハワイから帰国した。男性が利用した便を教えてほしい」という問い合わせもありました。

 また、医療機関からの新型コロナウイルスの検査の依頼も急増しています。

 担当者は「手洗いやうがいなど、1人1人の予防策がウイルスの蔓延を防ぐので、冷静に対応してほしい」と話しています。
(最終更新:2020/02/15 17:16)