名古屋市に住む60代の女性が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。女性は、14日に感染が判明した男性の妻だということです。

 名古屋市によりますと、感染が確認された市内に住む60代の女性は、14日に感染が判明した男性(60代)の妻で、夫婦ともに、1月28日から2月7日にかけてハワイ旅行に出かけていました。

 女性は帰国後の13日夜、微熱や頭痛の症状が出て、15日にウイルスへの感染が確認されました。

 夫は2月3日に発症していますが、夫婦ともに発症前2週間以内に中国への渡航歴はないということです。

 夫婦は7日、午後8時7分に中部国際空港を出た名鉄特急「ミュースカイ」を利用して帰宅し、現在は別々の病院へ入院しています。