国内での新型コロナウイルスへの相次ぐ感染確認を受け、大学入試でも対応の動きが出ています。

 名古屋工業大学は二次試験にあたる一般入試について、新型コロナウイルスに感染した受験希望者の試験を免除する特例措置を取ると発表しました。

 名工大によりますと2月25日と3月12日に行われる二次試験について、受験希望者が新型コロナウイルスに感染して受験できなくなった場合、二次試験の学力テストを免除する特例措置を取るということです。

 この措置ではセンター試験の得点と学校の成績表などを総合して合否判定が行われ、二次試験合格者のセンター試験の得点を判定基準の参考にします。

 対象となるのは新型コロナウイルスへの感染者のみで、インフルエンザなど、ほかの感染症はこの特例措置の対象とはなりません。

 また、試験科目を1つでも受験した場合も対象外となるということです。
(最終更新:2020/02/17 18:34)