横浜港に停泊するクルーズ船から新型コロナウイルスの感染者を受け入れている、愛知県の藤田医科大学岡崎医療センターに、第三陣となる乗客ら39人が到着しました。

「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客ら39人は、20日午後5時ごろ横浜を出発し、同日深夜に藤田医科大学岡崎医療センターに到着しました。

 39人のうち23人は発症していない新型コロナウイルスの感染者で、残る16人はその家族らです。

 岡崎医療センターで受け入れた乗客らの数は、これで96人になります。

 そのうち19日夜までに到着した9人が肺炎の疑いで救急搬送されましたが、うち1人はインフルエンザの感染が確認されました。

 また20日には、入所した乗客らを励まそうと、地元企業から特産の八丁味噌や菓子などが差し入れられました。
(最終更新:2020/02/21 11:50)