岐阜県は、2月20日に千葉県で新型コロナウイルスの感染が確認された70代の女性が、2月17日から18日にかけ、バスツアーで高山市や白川郷を訪れていたことを明らかにしました。

 これは21日夜、岐阜県庁で開かれた会見で明らかになりました。県によりますと、千葉県の70代の女性は観光ツアーを利用し、17日にバスで高山市を訪れました。

 18日に体調が悪いため高山市内の医療機関を受診し、気管支炎と診断された後、白川郷を訪れていました。

 19日に千葉県の医療機関で検査を受け、20日に新型コロナウイルスの陽性と判定されました。

 岐阜県は18日に女性を診察した医師など医療機関のスタッフ5人と、女性が泊まった宿泊施設の従業員28人について「接触者」として2週間の経過観察を行うとしています。
(最終更新:2020/02/24 01:16)