名古屋高速は、料金所の業務を委託する会社の男性事務員に、新型コロナウイルスの感染が確認されたことを受け、現在6カ所の料金所を閉鎖しています。

 名古屋高速では、23日午前9時ごろ、愛知県東海市の「東海新宝入口」に職員がパイロンを置いて封鎖するなど、現在、東海線と万場線の6カ所の料金所が閉鎖されています。

 新型コロナウイルスを巡っては、22日、名古屋高速が料金所の業務を委託する会社の60代の男性事務員に感染が確認されました。

 男性は、料金所の職員の送迎などが担当で、利用者とは直接接してはいませんでしたが、名古屋高速は濃厚接触したとみられる職員52人を自宅待機させています。

 これにより職員が確保できないため料金所が閉鎖され、名古屋高速によりますと潜伏期間を考慮し2週間ほど閉鎖が続く見通しです。
(最終更新:2020/02/23 16:34)