南海トラフ巨大地震を想定し、愛知県蒲郡市で海上自衛隊の護衛艦「いずも」を臨時の医療施設とする訓練が行われました。

 訓練はマグニチュード9.1の地震が起きた想定で「いずも」を臨時の医療施設として行われ、ヘリが着艦すると被災者役の隊員をストレッチャーで搬送していきました。

 その後、格納庫で「いずも」の衛生員が治療の優先度によって色分けした札を付けると、診察や措置をして容体を安定させるまでの流れを確認しました。

 今回の訓練では、厚労省の災害派遣医療チームD-MATの参加や、一般市民らの見学会も予定されていましたが、新型コロナウイルスの対応や感染拡大の予防から中止となりました。