新型コロナウイルスへの感染予防のため、名古屋市教育委員会は市立の学校や幼稚園に卒業式の時間の短縮や在校生の参加の見合わせなどを検討するよう通知しました。

 名古屋市教委が市立の学校や幼稚園に25日出した通知では、卒業式を実施するにあたり卒業証書の授与を代表のみにするなど時間の短縮を検討するよう呼び掛けています。

 また出席者を制限するため、保護者以外の家族や在校生の参加の見合わせも検討するよう要請しています。

 また、児童・生徒や教師などに感染が確認された場合は、14日間臨時休校とする通知も出しました。

 一方、愛知県教委は県立高校の入試で感染するなどした受験生がいた際、一般入試日とは別に3月25日に追試験の日を設けることを決めました。
(最終更新:2020/02/26 12:13)