新型コロナウイルスの感染、東海地方でも日々拡大しています。27日は三菱UFJ銀行江南支店の行員の感染が発覚。岐阜県でも26日夜、大垣市で県内初めての感染者が出ました。新型コロナウイルス感染拡大のリスクは身近なところに迫っています。

(リポート)
「こちらの銀行の行員が、コロナウイルスに感染したということです」

 感染していたのは、三菱UFJ銀行江南支店に勤める男性の行員です。男性は25日、発熱の症状が出て県内の医療機関を受診。26日夜、陽性と判明しました。

 銀行によると症状が出る25日まで接客業務をしていたといいます。

(リポート)
「コロナウイルスの感染者が出たこちらの銀行では朝から消毒作業が行われ、午前9時から通常営業が行われています」

 訪れた客に対し、支店内の消毒をして営業していることなどを説明。それでも不安をおぼえる客には近くの岩倉支店で対応すると案内していました。

銀行の利用客:
「今来て知ったので。なんかだんだん身近になってきたから心配です」

別の利用客:
「どうしても今日必要なものがあったもんで。(入り口で)消毒だけして、終わったのでまた消毒して出てきました。孫に妊婦がいるもんで余計怖い」

 また江南保健所の電話相談窓口にも、「25日に窓口とATM利用したが大丈夫か」「今日、支店に行ったが、消毒は十分なのだろうか」といった相談が寄せられているということです。

 銀行側は接客した顧客について調査を進めるとともに、濃厚接触の可能性がある本部と支店の行員10人を2週間の自宅待機としています。

(リポート)
「支店は名鉄江南駅近くにありますが、ほとんど人通りはありません」

 お昼時、近くの飲食店を訪ねると…。

支店近くの喫茶店店長:
「今日は本当に暇だわね。こういうのが風評被害というものじゃないかな。今日はもう早めに帰って店閉めます(笑)」

 今回感染した男性は、26日に名古屋市が新たに発表した感染者のうちの1人で、名古屋市内の施設で感染したとみられています。

 一方、この患者クラスターとは関連のない感染者が新たに見つかりました。

岐阜県 古田肇知事(26日夜):
「大変残念なことでありますけれども、岐阜県の方で初めて県内で新型コロナウイルスへの感染が確認されたということです。全力でオール岐阜で難関に立ち向かっていきたいと思います」

 岐阜県で初めて、大垣市に住む50代の日本人男性が新型コロナウイルスに感染し、重症であることが明らかになりました。

 県によりますと、男性は2月14日、倦怠感や発熱があり、その後歯の痛みや頭痛、さらに25日になって肺炎の兆候がみられたため、検査をしたところ26日に感染が確認されました。

 さらに、気がかりな情報が…。

(リポート)
「男性は症状が出た後も、通勤で大垣駅を使っていました。男性が利用していたのと同じ時間帯ですが、27日朝も多くのサラリーマンなどの姿が見られます」

 男性は症状が出た後の2月17日から3日間、通勤のためJR東海道線の大垣駅と岐阜駅の間を往復していました。

 マスクはつけていたものの、乗車したのは午前7時台と午後5時台のラッシュ時で、所要時間は10数分。この時間帯の車内の混み具合について利用者に聞いていると…。

利用客:
「サラリーマンも学生さんも結構乗っていると思います。名古屋の地下鉄ほどではないとは思うんですけど、そこまでではないですけど、かなりぎっしり乗っています」

別の利用客:
「(電車内は)いつもすごい人と人が密接した感じですね。自分たちの身近にも迫っているので怖いなとは思います」

 鉄道の感染リスクについて、専門家は「不特定多数の人が不特定多数の物に触るような環境で、飛沫をあびるというシチュエーションも出てくる。感染を起こすという意味ではリスクの高い場所である」と話しています。

 岐阜県で初めての感染例、その感染ルートは…。

 実は男性が住む大垣市には、千葉県で感染が確認された40代の男性が出張で訪れたことが分かっています。2人の間に接触はあったのか、時系列を追って確認していくと…。

 千葉県の男性がJR大垣駅に到着したのは2月13日。市内のホテルで宿泊し、14日レンタカーで移動。東海道線と新幹線を使って帰宅しました。

 一方、大垣市の男性が症状を訴えたのが2月14日。千葉の男性が大垣に来た翌日です。このため岐阜県は「潜伏期間を考えると2人の間で直接感染したとは考えにくい」としています。

 感染経路も分かっておらず、発症後の患者が不特定多数の人に接触したとみられる今回の事案。

大垣市民:
「今まではよそ事のような感じで見ていて、大変だなと…」

別の大垣市民:
「いずれ来るだろうなと思っていたので、来たものに対して対策するしかないのかなと。子供に対しても自分で(対策を)やることができないので、親がちゃんとしてあげるしかないかなと思ってます」

 JR東海は「現状対応は決まっていない。新幹線の車両を消毒した例もあるので利用車両が特定できれば同様の対応をとる可能性はある」としています。

 また、県の担当者は「同じ時期に駅を利用していて症状がある人は、速やかに最寄りの保健所などに相談してほしい」と呼び掛けています。
(最終更新:2020/02/27 18:01)