29日、新型コロナウイルスへの感染が確認された名古屋市の70代の女性が入院していた病院は、外来の診療を当面休止することを明らかにしました。

 感染が確認されたのは、名古屋市緑区の南生協病院に2月23日から入院していた70代の女性で、容体が悪化する28日までは一般病棟の4人部屋に入院していました。

 今のところ、相部屋だった患者らも含め院内感染が疑われる例はないということですが、病院は女性が入院していた病棟の医師や看護師らおよそ40人を自宅待機とし、当面外来診療を休止するとしています。

 女性は重篤な状態で、これまでに市内で確認された感染者との接点が確認されておらず、感染経路はわかっていません。
(最終更新:2020/03/02 13:49)