海外から帰国した三重県に住む40代の男性が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。

 感染がわかったのは、三重県在住の40代の男性で2月16日からベトナム、カンボジア、フィリピンの3か国を訪れ、4日、愛知県の中部国際空港に到着しました。

 厚生労働省などによりますと、男性は2月21日ごろに発熱のような症状があり、2日、痰や息苦しさが出たということです。

 男性は4日到着後に、空港の検疫所の診察で感染した疑いが分かり、検査の結果、陽性と判定され愛知県内の医療機関に搬送されました。