新型コロナウイルス、名古屋市では45人の感染が確認されていますが、多くが高齢者で、市が大きな措置に動きました。

 名古屋市は南区と緑区にあるおよそ120のデイサービス施設に7日から2週間休業するよう要請しました。

河村名古屋市長:
「ご高齢の方の肺炎が一番大変でございまして。(デイサービス施設の利用者が)6000人ほどおみえになるということでございますので、ちょっと市民の皆さんに影響が大きいかもしれません」

 河村市長は、新型コロナウイルスの予防と蔓延防止のため、南区と緑区のデイサービス施設に7日から20日までの2週間休業するよう要請したと発表しました。

 名古屋市内ではこれまで45人が感染し、このうち緑区の病院に入院する80代の女性の感染が発覚したあと、関連する高齢者の間での感染が相次いでいました。

 市によりますと対象となる施設は2つの区であわせて126カ所にのぼり、およそ5800人いる利用者に大きな影響を及ぼすことになります。
(最終更新:2020/03/06 17:17)