三重県が11日発表した新型コロナウイルスの感染者5人のうち、1人が10歳未満の未就学の女の子だったことが分かりました。また、名古屋市は新たに1人が死亡したと発表。死者は6人となり全国最多です。

 三重県では11日、新たに5人の新型コロナウイルスの感染者が確認されていました。

 県は12日、その具体的な情報を公表し、5人はいずれも伊賀・名張地方在住の親族で、このうち1人が10歳未満で未就学児の女の子だと明らかにしました。

 女の子は3月2日に39度の熱が出て医療機関を受診、翌日も熱は続きましたが、3月4日には下がり、容体は安定しているということです。

 ほかの4人は20代から60代の男女4人で、このうち60代の女性と20代の女性は、集団感染が発生した大阪市のライブハウスを2月24日に訪れていました。

 また、名古屋市は3月9日に感染が判明していた80代の女性が12日死亡したと発表。名古屋での死者は6人目で全国最多です。
(最終更新:2020/03/12 17:48)