中日新聞は、名古屋市緑区の販売店に勤務するアルバイトの30代女性が新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。女性は11日に感染が確認されていたということです。

 名古屋市緑区の中日新聞鳴海住宅販売店に勤務するアルバイトの30代女性は、10日に倦怠感があり、医療機関を受診し、11日遺伝子検査の結果、陽性と判定されました。容体は安定しています。

 中日新聞によりますと、この女性は緑区で集団感染が発生したデイサービス施設の職員でもあり、保健所からの要請を受けて6日の朝刊以降、新聞配達のアルバイトをせず、自宅待機をしていたということです。

 販売店は12日、保健所からの連絡を受け、配達拠点を別の店に変更し、消毒作業に入りました。

 中日新聞は女性の接触者の調査を進めていて、「読者と従業員の安全を最優先に考え、感染拡大の抑止に努めてまいります」としています。