名古屋市は、新型コロナウイルスに感染した70代女性と90代男性の2人が死亡したと新たに発表しました。12日は別の80代の女性も死亡していて、愛知県の死者はこれで8人となりました。いずれも名古屋市在住者で、死者数は全国で最多です。

 死亡したのは、2月29日に緑区の南生協病院に入院中に感染が判明した70代の女性と、3月8日に判明した南区のデイサービス施設を訪れていた90代の男性です。

 愛知県の死者数はこれで8人となり、全国最多で、いずれも名古屋市在住者です。

 また名古屋市では12日、新たに50代から80代の男女あわせて5人が陽性と判定されました。

 このうち80代の女性2人と、60代男性、50代女性の4人は集団感染が発生した緑区と南区のデイサービス施設を訪れた感染者やその家族と接触があったということです。

 愛知県内の感染者数は死者も含め、これで111人となりました。
(最終更新:2020/03/12 23:25)