名古屋市は新型コロナウイルスに感染した患者が新たに2人死亡したと明らかにしました。愛知県内の死者はこれで8人になりました。

 亡くなったのは2月29日に名古屋市緑区の南生協病院に入院中に感染が判明した70代の女性と、3月8日に判明した南区のデイサービス施設を訪れていた90代の男性です。県内の死者は8人になりました。

 このほか名古屋市に住む50代から80代までの男女5人と豊田市の30代の女性など合わせて7人の感染が新たに判明し、県内で感染が確認されたのはこれで111人です。

 また、中日新聞は11日に感染が確認され、市に発表された30代の女性が緑区の販売店に勤務するアルバイトだったと明らかにしました。
(最終更新:2020/03/13 01:25)