名古屋市港区の「中部ろうさい病院」に入院していた70代の女性が新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。病院は救急外来の受付を中止しました。

 中部ろうさい病院によりますと、感染したのは名古屋市に住む70代の女性です。女性は2月12日から整形外科の手術のため入院していて、11日、肺炎の兆候がみられたため検査をしたところ、12日、新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

 この女性は名古屋市が12日発表した感染者のうちの1人で、感染経路は確認されていないということです。

 女性は11日まで4人部屋で入院していて、濃厚接触した医師や看護師、同室の患者ら20人のPCR検査を行うことにしています。

 また13日から救急外来の受付を中止しています。
(最終更新:2020/03/13 19:34)