フィリピンに渡航していた愛知県一宮市の50代の男性が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。県内の感染者はこれで123人となりました。

 愛知県によりますと、感染がわかったのは一宮市に住む50代の男性です。

 男性は2月23日にフィリピンへ渡航し、3月2日に帰国。6日に発熱し、7日に医療機関を受診しましたが、その際は遺伝子検査をしていませんでした。

 その後も症状が続いたため、遺伝子検査をしたところ、16日に感染が確認されました。

 愛知県が男性の行動歴を詳しく調べていますが、渡航先のフィリピンで感染したとみられています。

 愛知県内の感染者数はこれで123人となりました。