新型コロナウイルスに感染し「ウイルスをばらまく」などといって、飲食店を訪れた愛知県蒲郡市の男性が18日午後、死亡しました。

 蒲郡市の50代男性は、3月4日、新型コロナウイルスの感染を知りながら「ウイルスをばらまく」と家族に言って市内のフィリピンパブを訪れていました。

 店は現在も営業を取りやめていて、警察が業務妨害の疑いで捜査していました。

 男性は県内の病院に入院していましたが、意識不明の重体となり、18日午後1時ごろ死亡しました。

 死因は新型コロナウイルス肺炎で、「肝細胞癌」の基礎疾患があったということです。

 また18日、愛知県内で小学生の女子児童(10歳未満)とその母親ら3人の感染が新たに確認され、三重県でも四日市市でも50代男性の感染が確認されました。

※画像は国立感染症研究所提供
(最終更新:2020/03/18 22:22)