愛知県岡崎市と春日井市の男性が新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。岡崎市の男性は死亡後に陽性と判定されました。

 岡崎市の80代の男性は、ニューヨークから帰国後の3月11日に発熱、市内の病院に入院し、23日午前死亡しました。男性は死亡後に感染が判明したということです。

 また、春日井市でも40代の男性の感染が新たにわかり、愛知県の感染者は145人となりました。

 一方、岐阜県でも23日、20代から70代の女性3人の感染が確認されました。

 このうち岐阜市の30代の女性は3月9日から12日まで友人3人とフィリピンを訪れ、帰国後に発熱しましたが、その後もマスクをして飲食店で接客をしたということです。
(最終更新:2020/03/24 15:10)