名古屋市で25日、新型コロナウイルスに感染していた70代の女性が死亡しました。愛知県の死者はこれで18人となりました。

 名古屋市の70代の女性は、12日に熱や咳の症状が出て、14日に感染が判明し、県内の病院に入院していましたが、25日肺炎で死亡しました。

 女性は集団感染が発生した緑区のデイサービス施設の利用者で、既に死亡した80代の男性と接触していたことが確認されています。

 また、名古屋市では25日、新たに60代の男性も陽性と判定されました。

 男性は、13日から昭和区の八事日赤病院に入院していて、すでに感染が確認されている80代の男性と同じ病室だったということです。

 男性の容体は安定しています。

 これで、愛知県の死者は18人、感染者は149人となりました。