岐阜県可児市の合唱団に参加していた、愛知県犬山市に住む60代の男性が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。

 愛知では25日、ほかにも5人の感染者と1人の死者が出ていて、県内の死者は18人、感染者は154人となりました。

 犬山市の60代の男性は、可児市で4人の感染が判明している合唱団のメンバーで、13日から熱や筋肉痛、倦怠感の症状が出て、19日と24日に医療機関を受診。

 検査の結果、25日に新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。男性の症状は軽いということです。

 また、春日井市の50代と40代の男性2人は、23日に感染が確認された職場の同僚で、いずれも25日、陽性と判定されました。

 さらに、名古屋市で70代の女性患者が死亡、60代男性の感染が確認されたほか、稲沢市の60代女性とみよし市の40代男性が陽性です。これで県内の死者は18人、感染者は154人となりました。
(最終更新:2020/03/25 23:11)