新型コロナウイルスの感染拡大を受け、市民の外出について各国で厳しい取り締まりが行われています。

 まずイタリアでは、外出禁止に違反した場合、日本円で最大36万円の罰金を課しています。

 そしてイギリスでは、罰金だけでなく、公共の場で2人を超えて集まっていた場合、警察が取り締まるとしています。

 さらにインドでは、違反者を警棒で叩いたり、腕立て伏せを強要するといった取り締まりも行われています。