新型コロナウイルス感染拡大を受け、愛知県が新たに専門部署を設置します。

大村愛知県知事:
「様々な課題に対して迅速かつ適切に対処するため、新たに新型コロナウイルス感染症対策室を保健医療局健康対策課の中に設置することといたします」

 愛知県が新たに設置するのは、医療や検査の拡充などを目的とした「新型コロナウイルス感染症対策室」です。

 県によりますと新部署では患者の入院先の調整や3月末に設置予定の軽症と無症状の人を対象にした生活施設の運営などを担います。

 これまで新型コロナウイルスに対応するため「感染症グループ」を増員するなどして対応してきましたが、感染拡大を受け更なる体制の強化を図ることになりました。
(最終更新:2020/03/27 19:02)