岐阜県可児市の60代と70代の男性2人が28日、新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。

 2人はそれぞれ、クラスターが発生した市内のスポーツジムを利用していた女性の夫です。

 可児市に住む60代と70代の男性は、それぞれの妻がこれまで7人の感染が確認されている市内のスポーツジムの利用者で、既に陽性と判明していました。

 男性2人には発熱などの症状はありませんでしたが、妻の濃厚接触者として検査したところ、陽性と判定されました。

 可児市では合唱団やスポーツジムを中心としたクラスターが発生していて、一連の感染者は県外在住者も含めて14人に上っています。

 県は関係者への検査を進めるとともに28日夜、厚生労働省にクラスター対策班の派遣を要請するなどし、感染拡大の防止に力を入れています。

 岐阜県の感染者は19人となりました。