愛知県一宮市に住む60代の女性が29日、新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。この女性はすでに感染が判明している岐阜県可児市に住む夫婦の親戚です。

 一宮市に住む60代の女性は、22日に38.5度の熱が出ましたが、その後は下がったため、24日と27日に医療機関を受診した際には遺伝子検査が行われませんでした。

 その後、女性の親戚で岐阜県可児市に住む60代夫婦に感染が判明したため、遺伝子検査を受けたところ、29日、陽性と判定されました。

 親戚夫婦の妻は、可児市のスポーツジムで確認された7人の感染者のうちの1人で、女性は感染前に2人とともに行動をしていたということです。

 29日は、ほかに名古屋市で東部医療センターに勤務する20代の男性看護師と、瀬戸市の50代女性の感染がわかっていて、県内の感染者は167人となっています。