名古屋市港区に建設中のテーマパーク「キッザニア」。来年度中を目指していたオープンが遅れることになりました。

東邦ガス冨成義郎社長:
「2021年度中というのは難しい。2021年度以降にずれ込む」

 東邦ガスは31日の会見で、再開発を進める名古屋市港区のみなとアクルスに建設予定の職業体験のテーマパーク「キッザニア」について、オープンが来年度以降になると発表しました。

 キッザニアはこれまで、来年度中のオープンが予定されていましたが、後ろ倒しとなった理由について東邦ガスは、建設資材などの高騰や人手不足の影響としています。

 キッザニアは、子供が様々な仕事を体験できるメキシコ発祥のテーマパークで、国内では東京と兵庫に続いて名古屋が3か所目です。

※画像と動画の一部はキッザニア東京提供
(最終更新:2020/03/31 19:16)