名古屋市の千種区役所の50代の女性職員が新型コロナウイルスへの感染が確認されました、区役所では現在、消毒作業が行われています。

 名古屋市によりますと、感染が確認されたのは千種区役所保険年金課で国民健康保険料の集金業務を担当する50代の女性職員と、夫の60代の男性です。

 3月24日に夫が発熱し、女性職員も看病のため27日から仕事を休んでいましたが、30日に熱が出て、検査を受けたところ、ともに31日、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

 名古屋市によりますと、女性は最後に勤務した3月26日までの3日間で、国民年金の集金でおよそ20世帯を訪問していたということで、市は濃厚接触者の有無を確認することにしています。

 区役所では現在消毒作業が行われていて、1日は朝から通常通り業務を再開したいとしています。
(最終更新:2020/03/31 19:02)