新年度がスタート。新社会人が新たな一歩を踏み出す日ですが、新型コロナウイルスの影響で東海地方の企業や役所では、入社式の中止や縮小が相次ぎました。

 このうち名古屋市では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で入庁式が取りやめになり、新入職員は局ごとに集まって個別に辞令を受け取りました。

 また、愛知県豊明市にある業務用冷蔵庫メーカー「ホシザキ」では、例年関連会社の新入社員も合わせ200人程が参加して入社式を行っていますが、今年は安全を考慮し、本社勤務の18人だけが出席しました。

 一方で、トヨタ自動車、中部電力、JR東海は、社員が一斉に集まる入社式を中止しています。
(最終更新:2020/04/01 12:03)