新型コロナウイルスの感染拡大防止の影響は就職活動をこれから行う学生と、採用活動を行う企業にも広がっています。就職戦線…その最前線を取材しました。

名古屋銀行採用担当 高橋さん:
「こちらの会は私、高橋が担当させていただきますので、よろしくお願いいたしします」

 パソコンを使った、インターネット経由の複数の人の会話…。3月下旬に名古屋銀行が行った採用活動の様子です。就職を希望する学生は自宅で、採用する側の企業は担当者や若手行員が会社の会議室で、座談会形式で進められます。

 去年までは学生が会社を訪問して行われていました。画面越しに見える学生はリクルートスーツ姿です。

就活生:
「会社で求められている人物像を具体的にお聞きしたいです」

名古屋銀行採用担当 高橋さん:
「しっかりコミュニケーションをとれるかどうかが、必要になってくるのかなと」

 新型コロナウイルスの影響で直接顔を合わせる説明会をやめ、代わりにテレビ会議システムを使った採用活動を進める企業が増えています。

 こうしたやり方は名古屋銀行にとっても初めての試みでしたが…。

名古屋銀行採用担当 高橋さん:
「本日の座談会に関しましては、顔が見えて学生の方の声も聞けるような形になっておりますので、少なからず相手の雰囲気も分かって、いろいろなお話ができたのではないかなと」

 今後行われる採用面接でもインターネットを活用する方向で検討しています。

 こうした変化は大学の就職相談窓口にも…。

南山大学キャリア支援室 寺本室長:
「コロナウイルスでは密集がよくないと聞いていますので、それを緩和するために(相談を)予約制に変えました」

 就職活動が始まるこの時期、南山大学のキャリア支援室は通常なら多くの学生が相談に訪れますが、室内に大勢が集まらないように予約制に変更しました。

 学内で開催する予定だった企業説明会も中止に。

南山大学キャリア支援室 寺本室長:
「本学の学生も企業と会う接点が昨年と比べてすごく減っていますので、その点では影響があると思います」

 会社との接点が減れば就職活動をする学生は情報不足に陥ります。

就活生:
「コロナウイルスの影響で説明会が受けられなかったりするので、雰囲気を知ったり会社選びをどうしたらいいかアドバイスをいただきに来ました」

 インターネットを使った活動も決して万全ではありません。

別の就活生:
「だいたいの企業さんが1次面接をウェブ面接にされまして。私自身2回体験したことがあるんですけど、その際に2回とも通信が切れてしまいまして、やっぱりちょっと不都合な感じがします」

 長期にわたる社会への影響が懸念される新型コロナウイルス。かつてない事態に就職戦線は変化を余儀なくされています。
(最終更新:2020/04/01 18:17)