タイから帰国した愛知県一宮市の50代女性と、フランスから帰国した新城市の20代の男性が新型コロナウイルスに感染していたことが4日、わかりました。一宮市の女性は発症した日に新幹線を利用していたということです。

 一宮市の50代の女性は、3月29日にタイから関西国際空港に帰国し、その日のうちにのどの痛みを発症。31日には胸にも痛みが出たため、4月3日に県内の医療機関を受診し、4日、新型コロナウイルスの陽性と判定されました。

 女性は帰国した際、新大阪駅から名古屋駅まで新幹線を利用していて、県が行動歴を詳しく調べています。

 新城市の20代の男性は、3月28日にフランスから羽田空港に帰国。4月3日に37.9度の熱や倦怠感などの症状が出たことから、県内の医療機関を受診し、4日感染が判明しました。

 男性は羽田空港から自宅まで自家用車で移動したということです。

 また、3月30日から車で一宮市へ出張に来ていた兵庫県の40代の男性も感染が確認されています。

 4日は、愛知県で県警の警察官5人に感染が確認されるなど、あわせて19人が陽性と判定されていて、県内の感染者数は220人となりました。
(最終更新:2020/04/05 08:55)