愛知県では4日、あわせて19人に新型コロナウイルスの感染が確認されましたが、名古屋市や豊田市など6つの地域に住む10代から60代の男女9人は、感染の経路がわかっていません。

 9人は、名古屋市の20代、30代、50代、60代の男性4人と豊田市の20代男性、長久手市の40代男性、北名古屋市と西尾市の50代の女性、大治町の10代男性です。

 このうち長久手市の40代の男性は、3月30日に37.5度の発熱がありましたが、31日から4月1日にかけて飛行機で福岡県へ出張していて、愛知県は男性の接触者を調べています。

 愛知県内の感染者は、これで合わせて220人となりましたが、このうち42人は感染ルートがわかっていないということです。

画像:NIAID-RML