愛知県北名古屋市は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、市立小中学校の授業再開を4月13日に延期する方針を明らかにしました。

 北名古屋市では、3月30日以降、5人の感染が確認されていて、学校の新学期の対応について5日に検討した結果、7日としていた小中学校の「始業式」を13日に延期し、授業再開を遅らせる方針を決めました。

 ただ入学式については参加者を限定するなどした上で、小学校は6日、中学校は7日に実施するとしています。

 愛知県内では犬山市がすでに市立小中学校の授業再開を4月24日に延期することを決めていますが、愛知県や名古屋市は今のところ予定通り、週明けの6日から順次、授業を再開させる方針です。
(最終更新:2020/04/06 00:10)