新型コロナウイルスの集団感染が発生した岐阜県岐阜市のナイトクラブの従業員ら8人に5日、新たに感染が確認されました。このうち1人は利用客の0歳児の娘です。

 岐阜市若宮町のナイトクラブ「シャルム」では、3月31日から4月4日の間に20代から40代の従業員や利用客10人に、新型コロナウイルスの感染が確認されています。

 シャルムでは、クラスターが発生したと見られていて、5日は、既に感染が確認されている利用客の家族と従業員7人が、陽性と判定されたということです。

 感染者の家族は岐阜市の0歳の女の子で、4日に陽性と判定された岐阜大学病院に勤務する30代医師の娘です。

 また従業員は6人が女性、1人が男性で、全員、無症状か軽症です。

 集団感染の発生に伴い、市や店は体調を崩している客に対し、保健所に相談するよう呼びかけていて、これまでにおよそ30人から連絡があり、一部で症状があるということです。