新型コロナウイルスへの感染を確認する遺伝子検査。愛知県豊橋市など三河地方の3つの市は、県の研究所に依頼していた検査を9日から独自に行うと発表しました。

 新型コロナウイルスの遺伝子検査を独自に行うのは豊橋市、岡崎市、豊田市の3市で、これまで名古屋市にある愛知県衛生研究所まで検体を送っていた検査を9日から独自におこないます。

 独自に検査をすることで、県の研究所に依頼するより早く検査結果を把握することができ、豊橋市は、これまでよりおよそ6時間早く検査結果を知ることができるということです。

 それぞれの市で1日に検査できるのは8人分で、別の市の検体を受け入れることも検討しているということです。
(最終更新:2020/04/07 19:09)