愛知県の西尾市立図書館で7日、50代の女性職員に新型コロナウイルスの感染が確認され、市は館内の消毒を行ったほか、女性と濃厚接触した可能性がある8人の職員を自宅待機にしています。

 西尾市立図書館では7日、総務を担当する50代の女性職員に新型コロナウイルスの感染が確認されました。

 女性は3月31日に発症し、4月3日まで図書館に勤務していましたが、本の貸し出しなど利用者との接客業務はしていないということです。

 この図書館では、新型コロナウイルスの影響で、事前予約があった本の貸し出しと返却業務以外は、3月10日から取り止めていました。

 図書館は職員の感染確認を受け、7日午後に事務室や利用者が使うフロアを消毒し、女性と濃厚接触した可能性がある職員8人を2週間の自宅待機にしているということです。

 また7日はこの女性の50代の夫で、安城郵便局の男性社員にも感染が確認されました。安城郵便局は当面の間業務を取りやめ、全従業員300人を自宅待機としています。
(最終更新:2020/04/08 18:37)