大阪市に本社を置く精密機器メーカー「キーエンス」が、名古屋市中区の事業所で従業員7人が新型コロナウイルス感染していたことを公表しました。

 大阪市が本社の精密機器メーカー・キーエンスは、名古屋市中区丸の内3丁目の名古屋事業所に勤務する従業員7人に新型コロナウイルスの感染が確認されたことをホームページで公表しました。

 7人は20代の男性5人と30代の男女で、4月4日から10日かけて感染が確認されていました。

 キーエンスでは5日に事業所を閉鎖し、すでに消毒を終えたということです。

 この事業所にはおよそ50人の従業員がいて、5日以降は全員自宅待機しているということです。