新型コロナウイルスに対応するため、三重県と県内の市長・町長が意見交換を行い、市町側からは「しっかりと情報提供をしてほしい」などといった意見が出されました。

 13日午後開かれた意見交換会には、三重県市長会会長の桜井義之亀山市長など、県内の市長や町長8人が出席。一方の県側は虫垂炎で入院している鈴木英敬知事の代わりに稲垣清文副知事らが出席しました。

 会では市町側から「様々なデマや誹謗中傷がある。デマを打ち消すことは市民などと接している市町ができる。できるだけ正確でタイムリーな情報が欲しい」などといった要望が出されました。

 また、大阪への通勤者が多い伊賀市の岡本栄市長は「東海圏の協力スキームは見えてきているが、関西圏の連携スキームは見えてこない」と協力体制の構築を呼びかけました。

 これに対し、県は「情報提供は正確な情報を早く市町に知らせる。関西圏との連携もしっかりやっていく」などと応えました。