愛知県は新型コロナウイルスに碧南市民病院の患者を含む新たに2人が感染したと発表しました。

 新たに感染が確認されたのは西尾市の90代の男性と扶桑町の50代の会社員の女性です。

 このうち90代の男性は碧南市民病院の入院患者で、感染者の80代の男性2人と同じ病室だったということで、県は「院内感染の可能性もある」としています。

 また、50代の女性の感染経路はわかっていないということで、県内の感染者数はこれで335人になりました。

 また、愛知県は軽症の患者などを新たに安城市のビジネスホテルでも受け入れる方針を固め、すでに開設している東浦町の「あいち健康プラザ」の入所状況を見たうえで、受け入れ時期などを決めるとしています。
(最終更新:2020/04/14 09:57)