東海地方では13日、新たに愛知県で9人、岐阜県で7人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

 愛知県で13日新たに感染が発表されたのは10歳未満から90代の男女9人で、このうち1人は、これまでに感染者が出ていた保育園に通う名古屋市の男の子です。

 一方、岐阜県で感染が確認されたのは、いずれも同じ会社の従業員の20代から60代までの男女7人で、中には、クラスターが発生した岐阜市のナイトクラブ「シャルム」の利用者もいるということです。

 県は、この職場で新たなクラスターが発生した可能性もあるとみて調べています。
(最終更新:2020/04/14 12:01)