戦後初めて新型コロナウイルスの影響で中止となった、岐阜県高山市の伝統の「春の高山祭」。14日、神事だけが執り行われました。

 春の高山祭は、ユネスコの無形文化遺産にも登録される屋台行事などが人気を集め、毎年およそ20万人の観光客らが訪れています。

 今年は、日枝神社での神事のみが14日午前10時から神職ら20人ほどで執り行われましたが、感染拡大の防止のため屋台の巡行やからくり奉納などはすべて中止となっています。

 高山祭の屋台行事が悪天候以外の理由で中止となるのは、戦後で初めてです。

(最終更新:2020/04/14 17:56)