愛知県碧南市は新型コロナウイルスの影響で経営が苦しくなっている飲食店を支援するため、独自のプレミアム付き食事券を発行する方針を固めました。碧南市は「持ち帰りや弁当などを購入する際に使ってほしい」としています。

「コロナに負けるな!」と名付けられた碧南市の食事券は、新型コロナウイルスの感染拡大後、売り上げが大きく落ち込んでいる市内の飲食店などを支援する狙いがあります。

 碧南市によりますと5000円で1冊1万円分の食事券を購入でき、市内に本店がある飲食店や喫茶店などで利用できるということです。

 プレミアム付き食事券を購入できるのは碧南市内に住んでいるか勤めている人で、一人2冊まで市では1万5000冊発行するとしています。

 碧南市の担当者は「持ち帰りや弁当などを購入する際に使ってほしい」としていて、今後利用できる飲食店や販売方法について調整した上で、6月1日から販売を始めるということです。
(最終更新:2020/04/15 18:14)